2016.9.10

タイツの正しい取扱い方講座!!! 〜洗い方・履き方について〜

タイツはデリケートな商品です!正しいお手入れや履き方ひとつでお気に入りのタイツを長くお使いいただけます。
是非長くご愛用下さいませ。

1.タイツの洗い方

レイヤー-8

基本は手洗いしましょう!

揉んだり擦ったりせず、30℃前後のぬるま湯で優しく押し洗いしましょう。よくすすいだらタオルで水気をとって下さい。

洗濯機で洗いたい!

裏返しにし、必ずネットに入れて下さい。他の衣類と絡まって傷つかない為です。ご使用のネットは目が細かいのであれば何より◎!毛玉や伸び縮み防止になります。(ネットから取り出しの際はチャックに引っ掛けないようご注意ください!)

漂白剤って使っていいのかな?

漂白剤は生地を傷める原因となります。使用しないでください。

静電気が気になる!

柔軟剤を使うと肌触りが良く仕上がり、また静電気も防げます!

干し方で注意することは?

直射日光は黄ばみや色あせの原因となりますので、口ゴム部分を上にして陰干しにして下さい。

 

2.正しい履き方ってありますか?履き方の色々

少しでも長く履きたい、長持ちさせたい…そんな履き方ってあるの?是非とも試してみて下さい!

少しでも長持ちさせる履き方とは?おススメの履き方

  1. フットカバー・5本指ソックスなどタイツの中に1枚靴下を履いてからタイツを履く。爪や踵からのダメージが軽減致します。しかも足の匂いも気にならない!!(大事!)
  2. 前後交互に履きまわす。踵部分の減りが格段に和らぎます。
  3. 爪を切る!(根本的で申し訳ございません。)しかし、爪が伸びていると鋭利な刃物のように1日にして破れてしまったりする可能性があります。

穴が空いたらもう履けないのか!?

ワンピースとタイツのタイツは80デニールあり比較的厚めの丈夫なタイツで、なかなか伝線しにくい商品です。しかし、擦れて穴が空く、つま先部分に穴が空いてしまった場合は、糸で縫って頂くとまた履ける状態になります。

引っ掛けに注意!

引っ掛けてしまうとその時穴が空かなくとも、穴空き・ほつれの原因となります。十分にご注意下さいませ。